本文へスキップ

X線装置のことなら、X線専門メーカー"中部メディカル"までご相談ください。

TEL. 059-365-7248

〒510-8015 三重県四日市市松原町33-5

X線についてHEADLINE

4.使う機器・種類

X線検査装置の心臓部となるX線発生器と受光機には様々な種類があります。

そのため、検査したいものや必要な画像制度など、仕様によって最適な機器を
選定する必要があります。


<X線発生器>
X線発生器を選定する際の重要な要素として、管電圧と管電流があります。
これはX線の強さと量を決定するもので、大きすぎても小さすぎてもいい画像は撮れません。

管電圧が高い場合、X線の透過力が強くなります。

X線の透過力が弱すぎるとオブジェクトを透過できないので、中の様子を見ることが出来ません。

また、透過力が強すぎると中のものも透過してしまい、真っ白い画面になってしまいます。(下図参照)

図1.透過力による画像の違い

管電流を高くすると、X線の量が多くなり、画像は明るくなり、コントラストもつきます。

そのため、一時的に管電圧(透過力)を必要最小限にして、管電流を高くしたほうが
見えやすい画像になります。(下図参照)

図2.管電流によるコントラストの違い


バナースペース

株式会社中部メディカル

〒510-8015
三重県四日市市松原町33-5

TEL 059-365-7248
FAX 059-364-9294